ホームレスの自立支援サイト、ビバ!ホームレスのホームへのリンクバナー
Viva! Homelessのご利用案内ページへのリンクバナー
ホームレスとビッグイシューに関して記述されたページへリンク
ホームレス支援のための掲示板へのリンクバナー
ホームレスに関するアンケートページへのリンクバナー
発信者情報へのバナー
リンク集へのリンクバナー
ホームレスの自立を支援するサイト「ビバ! ホームレス」のサイトマップへのリンクバナー


Viva! Homelessのサイト名について
自立へ向かったホームレスの方たちを励ます・応援する意味合いをもつ言葉で、覚えやすく、簡単だということで「ビバ! ホームレス」にしました.
ホームレスを推奨したり、ホームレスであることを賛歌したものではありません.

今ある逆境を前向きに捉え、自身の今後の人生を謳歌できる心構えを表現したものとご理解ください.

ホームレスの定義
これは国によって違うようです.当サイトでは基本的に以下を採用します.
(1999年5月26日に、中央省庁が「ホームレス問題連絡協議会」を立ち上げた。その中で「ホームレス」という人は、この様に定義づけられています.)
 『いわゆる「ホームレス」の厳密な定義は困難であるが、ここでは、失業 ・ 家庭崩壊 ・ 社会生活からの逃避等様々な要因により特定の住居を持たずに、道路 ・ 公園 ・ 河川敷 ・ 駅舎等で野宿生活を送っている人々をその状態に着目して「ホームレス」と呼ぶ事とする.』

ビッグイシューとは
 ビッグイシューは英国で大成功し世界(24の国、50の都市・地域)に広がっているホームレスの人しか売り手になれない雑誌のことです.ビッグイシューの使命はホームレスの人たちの救済(チャリティ)ではなく彼らの仕事をつくることにあります.  例えば大阪の野宿生活者の約8割は働いており、過半数の人は仕事をして自立したいと思っています.『ビッグイシュー日本版』は彼らが働くことで収入を得る機会を提供しています.

ビッグイシューのシステム
詳細は公式サイトに委ねますが、ベンダー(販売者)はビッグイシュー財団より一冊90円(x10)で仕入れた雑誌を300円で販売し、残りの160円が利益を得る.
スタート時の商品は無料で10冊提供される.詳しくは

年間予約購読
年間予約購読(一口:1万5千円/年間)制度です.
定期購読者には1年分の『ビッグイシュー日本版』を送付し、最新号にお名前を掲載されます.

発行市民パトロン制度
ビッグイシュー日本では、創刊市民パトロンを一口5万円から募っています.パトロンの方には、1年分の『ビッグイシュー日本版』を贈呈し、創刊号から1年間の各号に、創刊市民パトロンとしてお名前を掲載されます.

その他のホームレス支援雑誌
・インターナショナル・ネットワーク・オブ・ストリートペーパーズ(INSP)
・ボカ・デ・ルア(ポルト・アレグレ/ブラジル)
・オカス(リオ・デ・ジャネイロ/ブラジル)
・ノータ・ベーネ(ブラティスラバ/スロバキア)
・ザ・デプス(サンクトペテルブルク/ロシア)


今後の課題
現在の課題は全国民に雑誌の存在を知ってもらうこと.そして、販売拠点を主要都市に拡大することでる.
しかし、その後この運動を継続的に発展させていくためには「雑誌の質」が問われるだろう.
又、ベンダーから社会人への復帰者育成も問題になるだろう.何年もベンダーでいてはならないと思う.




Copyright(c) 2004.Navi21.jp. All Rights Reserved.