安全性が高い食品と、そうでないもの

私たちの遺伝子に刻まれた「食物」のみを食べ続けることは難しい時代になりました。
食材の国際化はもはや留めることは不可能かも知れません。しかし、成長期の子供たちには『安心・安全』な食べ物をチョイスしていきたいですね。

子供たち本人は選べない。

この言葉をしっかり脳に焼き付けて育児に当たっていきたいですね。
私たちの身体は全身の細胞約37兆個の核の中にある遺伝情報でコントロールされ続けます。遺伝子のコントロールのもとに作られた「ホルモン、酵素」などがしっかりと働くためにはバランスの取れた充分な栄養が必要となります。

『安心・安全』な食べ物をバランス良く与えて上げれるのは両親です。
後悔しないで良いようしっかり選択していきましょう!

ドベネクの桶、不足した栄養素の低下分まで健康度は下がる

身体はさまざまな栄養素を必要としています。長期にわたり栄養素が不足すると、その栄養素を必要としている『臓器・器官・ホルモン・酵素』などの働きが低下し、発病します。
ドベネクの桶、不足した栄養素の低下分まで健康度は下がる
あなたは、貴方のご家族はバランスの取れた食生活を続けていますか?
今の食生活で大丈夫ですか